アルツハイマーの進行は予防で防ぐ|健康的な体を作るための秘訣

シニア男性

高齢化で増えてくる病気

シニア女性

若年性は早期治療が大切

高齢化社会の到来と同時に社会問題化しているのがアルツハイマー病です。しかし高齢者だけがかかる病気ではなく、最近では若年性のアルツハイマー病が問題となっています。若年性のアルツハイマーは64歳以下で発症するものを言います。早めにアルツハイマーの症状に気づけば、進行を食い止める薬で治療することができます。また家族も適切な対応を取ることができます。典型的な初期症状としては、日常生活に支障が出るような記憶力の低下があります。例えば今日が何日かわからない場合や、同じことを何度もきくなどです。また計画を立てるのが苦手になったり、数字の処理ができなくなったりします。このような症状があったら、早めに診察することが大事です。今後は若年性のアルツハイマーを発症する人が増える恐れがありますが、予防と治療の研究が進んでおり、色々な薬が開発されています。更に良い治療薬が誕生するはずです。

患者への家族の対応の仕方

若年性に関わらずアルツハイマーの症状が出始めたら、とにかく医師の処方する薬を服用することが大事です。そして家族など周囲の人間の対応の仕方が重要になります。大事なのはまず現状を受け入れることです。できないことを注意したり、怒ったりするのは逆効果になります。アルツハイマー病の人に無理強いするのではなく、できないことを受け入れながら、別の解決法を工夫することが大切です。例えば同じことを何度もきくような場合は、ゆっくりと理解できるように教えて上げることです。本人自身が納得することが大事なのです。また日時の感覚がわからなくなるので、腕時計をつけさせて常に時間を意識できるように工夫することも効果があります。個々人の性格も関係しますので、それを把握している家族がやさしく見守る必要があります。