不動産を資産として活用する

将来、不動産の活用を考えている方もいるでしょう。資産の運用の方法は様々あります。マンションを購入して自分で運営したり、不動産に投資をして専門業者に管理を任せたりする方法が挙げられるでしょう。下記ではそのような不動産投資の種類をまとめていますので、参考にして下さい。

不動産投資の主な種類

  • 分譲マンションの1つの部屋を購入して、希望者に入居してもらうワンルーム投資
  • マンションをまるごと購入して、自身で経営する一棟買い
  • 何人かで投資して、運用をプロに頼む不動産ファンド

初心者のあなたに合った不動産投資方法を見つける

空き部屋

初心者の不動産投資は小口化商品が向いている

それぞれに投資をしたい方法があるかと思います。その中でも初心者におすすめな投資は、不動産ファンドの不動産小口化商品です。少ない金額から投資をすることができるからです。自分で運用をする必要がないので、気軽に不動産投資を始めたい方は検討してみて下さい。

積み木

マンション経営は家賃相場を知ることが大切

自分でマンションを経営する時は、なるべく空室を出さないことが重要です。大切なマンションも年数がたつとそれだけ価値が下がります。相場を知ってそのマンションに合った家賃を設定するようにしましょう。家賃相場は、ネットからでも気軽に確認することができます。

空室

海外不動産投資もおすすめ

日本は年々人口が減っていく傾向にあります。しかし、海外では人口が増加していく地域もあるため、不動産がより活用できます。価格も国内より比較的安価です。また、日本では建物より土地の方が高いです。一方で海外では建物が土地より高い傾向にあるため、減価償却でき、節税対策へ繋がります。

自分と将来性のバランスを考えた投資を

不動産投資は、自分の予算と将来を見据える力との兼ね合いは重要です。様々な業者を比べて、自分に合った不動産投資を行って下さい。業者を比較しているサイトもありますので、参考にしてみましょう。

広告募集中